会則 / CONSTITUTION

岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会

会則
岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会(以下、当研究会と言う。)の会則については、下記のとおり定めるものとする。


目的
第1条 当研究会は、岡山県倉敷市において、当地における航空機製作所及び試験飛行場が昭和16年から20年ごろまで設置されていた歴史を鑑み、また、現在の水島コンビナートの企業が保有するものづくり技術を、更に新しい産業分野に活かしてクラスター企業群を立ち上げようという有志が集い、当研究会を立ち上げるものである。航空宇宙産業を核にし、その周辺関連産業が、倉敷市及び高梁川流域で新たに創業したり、あるいは新事業に挑戦することで、地域のものづくりを発展させると共に、次世代へ向けて「夢」を与える事が出来る先進的な技術を目指す組織とする。


事務所
第2条 当研究会は、主たる事務所を、岡山県倉敷市東町1-21 倉敷町屋トラスト内に設置する。


活動内容
第3条 当研究会は、下記の活動を実施するものとする。
・定期的研究会の開催
・技術開発に向けた実証実験
・定期レポートの発行
・最新テクノロジーの見学及び研究ツアー
・研究に関するデータベースの作成
・ウェブサイトを通じた情報発信
・講演会などイベントの開催
・その他、会員からの提案により各種事業の実施及びサポート


会員
第4条 会員は、倉敷市・岡山市を中心に、全世界から当研究会の活動に賛同する個人や団体及び法人の会員により構成されるものとする。


入会
第5条 当研究会への入会は、理事会の承認を必要とする。退会は、会員の自由意志によるものとする。


組織と運営
第6条 会員の中から理事を5名以上、10名以下選出し、その中から理事長1名、副理事長1名選出する。理事長の代行は、副理事長が行うものとする。
第2項
当研究会の事務局は、理事長が指名し、理事会がそれを承認するものとする。
第3項
会員は毎年1万円の会費を事務局へ支払うものとする。また、団体・企業・個人等からの協賛金を受け付けする。尚、当研究会の運営費については、会員の会費及び特別協賛金を充当するものとする。
第4項
事務局が、毎年度事業計画及び予算案を理事会へ提案する。
第5項
当研究会の監事は、1名以上2名以内とし、理事長が指名し、理事会がそれを承認するものとする。
第6項
監事は、理事及び事務局の職務の執行を監査し、監査報告を作成し、社員総会にて報告する。尚、監事は、いつでも、理事及び使用人に対して事業の報告を求め、当会の業務及び財産の状況の調査をすることができる。


当研究会の活動計画と予算及び理事会と会員総会の役割
第7条 当研究会の活動計画及び予算については、会員及び事務局が起案するものとする。
第2項
当研究会の活動計画及び予算は、理事会へ諮り、出席者の過半数以上の賛同により決定する。
第3項
当研究会の予算及び活動計画は、第6条第2項をもって、次に会員総会に諮り、出席者の過半数以上の承認をもって決定する。
第4項
会員総会は、年間に一回開催し、活動計画と予算及び活動報告と活動決算報告を実施するものとする。尚、会員からの提案については、理事会の承認により、その都度開催することが出来るものとする。
第5項
会計年度は、4月から翌年度3月迄とする。尚、当研究会設立の29年度は、平成29年10月から30年3月とする。


解散
第8条 当研究会の解散は、理事会出席者の過半数の賛成をもって成立する。尚、設立後3ヶ年間で、その後の継続を再検討するものとする。


その他
第9条 その他、以上の条項に当てはまらない案件については、会員及び理事が誠意をもって解決するものとする。

PAGETOP