瀬戸内「弁天」プロジェクト2025始動

瀬戸内「弁天」プロジェクト2025 ~ドローンを用いた瀬戸内地方の離島ネットワーク構想~

プロジェクト名の由来

かつて中世以降、瀬戸内海で使用された中小船舶で、江戸時代から明治にかけて日本での 国内海運に広く使われた木造海運帆船を「弁財船(べざいせん)」と称することにちなみ、富をもたらす七福神の一人でもある弁財天にあやかって、瀬戸内地方で取り組むドローンに関連した本プロジェクトの名称を【瀬戸内「弁天」プロジェクト2025】と名付けることにしました。

概要

  1. テクノロジーによる地域課題解決に向けた事業の創出(社会モデル化)
  2. ドローンを取り巻く事業者のビジネス環境の向上(収益モデル化)
  3. 海上及び河川上のドローンインフラの整備(インフラ整備)
  4. 意欲的な主体による、ゆるやかで実効性のあるネットワークの構築(地域間の連携)

弁天プロジェクトイメージ

■詳細はこちらの配布文書をご覧下さい

瀬戸内ドローン構想_配布版(PDFファイル、約2MB)

その他

各メディアにて取り上げられました

山陽新聞 2019年1月30日 朝刊 日本経済新聞 2019年1月30日 朝刊 日刊工業新聞 2019年1月30日
山陽新聞 2019年1月30日 朝刊 日経新聞 2019年1月30日 朝刊 日刊工業新聞 2019年1月30日
  • facebook
PAGETOP