名古屋航空宇宙産業先進事例を視察しました

■日時:2019年8月28日(水)、29日(木)

■訪問先:岐阜かかみがはら航空宇宙博物館、MRJミュージアム、DMG森精機伊賀事業所

■参加者:16名

■参加者からのコメント
・倉敷にも集客できる場所(聖地・シンボル的なもの)があっても良いのではないか。観光としては、美観地区だけでは弱いのではないかという意見があった。岐阜かかみがはら航空宇宙博物館にあったような立体地図は、3Dプリンタで作ることができる。
・ヨーロッパの技術の高さを感じた。DMG森精機がIoTを活用しているように、クラウド等の技術でMASCの役に立てたらと考えている。
・日本の匠の技術と、ヨーロッパの5軸加工の技術をうまく融合させる必要を感じた。