メンバー・会則 / MEMBER

名誉顧問

倉敷市
市長
伊東香織
倉敷商工会議所
会頭
井上峰一

理事長

瀬戸内エンジニアリング株式会社
代表取締役会長
桐野宏司

副理事長

三和興業株式会社
代表取締役社長
山田哲也

理事

クラブン株式会社
代表取締役
伊澤正信
倉敷木材株式会社
代表取締役会長
大久保憲作
カモ井加工紙株式会社
代表取締役社長
鴨井尚志
三菱自動車工業株式会社
水島製作所 副所長
近藤敏雄
萩原工業株式会社
代表取締役会長
萩原邦章
丸五ゴム工業株式会社
代表取締役社長
藤木達夫

会員

株式会社中国銀行
常務取締役
谷口晋一
株式会社両備システムズ
代表取締役社長
松田久
株式会社倉敷ケーブルテレビ
代表取締役社長
深井賀博
(個人)
大原あかね
株式会社アリオンシステム
代表取締役社長
山本篤憲
株式会社ルークシステム
代表取締役
川野壮一
株式会社総社技術コンサルタント
代表取締役社長
難波進
Webソリューションズ合同会社
代表
片山昌行
富士土地株式会社
常務取締役
松原龍之
LAID-BACK DESIGN
代表
岡﨑遼太朗
cerFo
代表
水子貴晧
株式会社白獅子
代表取締役
春名義之
株式会社ビー・コンサルティング
代表取締役
馬場康行
テクノドローン株式会社
代表取締役
白髪秀昭
(個人)
瀞遠正光
モトヤユナイテッド株式会社
代表取締役
小野新太郎
(個人)
板谷勇飛
(個人)
上川滉太
BOHMAA
代表
橋本雅義
港交通株式会社
代表取締役副社長
渡辺清二
玉島信用金庫
理事長
宅和博彦
三菱ケミカル株式会社 水島事業所
グループマネジャー
森本吏一
野口工業
代表者
野口和之
ワタナベ工業株式会社
代表取締役社長
渡邉祐三
株式会社秋山測量設計
代表取締役
秋山啓嗣
倉敷市議会
議員
森分敏明
ウェブティ株式会社
代表取締役
中西充
アエリアル イノベーション LLC.
CEO
小池良次
綜合警備保障株式会社 岡山支社 倉敷支店
支店長
大林英樹
株式会社JTB 岡山支店
支店長
桑村琢
(加入順)

監事

坂本万明

特別顧問

株式会社三菱総合研究所
参与・チーフコンサルタント
奥田章順
株式会社三菱総合研究所
研究員
片谷鉄平

事務局長

(一社)高梁川プレゼンターレ
代表理事
坂ノ上博史




岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会 会則

会則
岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会(以下、当研究会と言う。)の会則については、下記のとおり定めるものとする。


目的
第1条 当研究会は、岡山県倉敷市において、当地における航空機製作所及び試験飛行場が昭和16年から20年ごろまで設置されていた歴史を鑑み、また、現在の水島コンビナートの企業が保有するものづくり技術を、更に新しい産業分野に活かしてクラスター企業群を立ち上げようという有志が集い、当研究会を立ち上げるものである。航空宇宙産業を核にし、その周辺関連産業が、倉敷市及び高梁川流域で新たに創業したり、あるいは新事業に挑戦することで、地域のものづくりを発展させると共に、次世代へ向けて「夢」を与える事が出来る先進的な技術を目指す組織とする。


事務所
第2条 当研究会は、主たる事務所を、岡山県倉敷市中央2丁目13-3 住吉町の家 分福に設置する。


活動内容
第3条 当研究会は、下記の活動を実施するものとする。
・定期的研究会の開催
・技術開発に向けた実証実験
・定期レポートの発行
・最新テクノロジーの見学及び研究ツアー
・研究に関するデータベースの作成
・ウェブサイトを通じた情報発信
・講演会などイベントの開催
・その他、会員からの提案により各種事業の実施及びサポート


会員
第4条 会員は、倉敷市・岡山市を中心に、全世界から当研究会の活動に賛同する個人や団体及び法人の会員により構成されるものとする。


入会
第5条 当研究会への入会は、理事会の承認を必要とする。退会は、会員の自由意志によるものとする。


組織と運営
第6条 会員の中から理事を5名以上、10名以下選出し、その中から理事長1名、副理事長1名選出する。理事長の代行は、副理事長が行うものとする。
第2項
当研究会の事務局は、理事長が指名し、理事会がそれを承認するものとする。
第3項
会員は毎年1万円の会費を事務局へ支払うものとする。また、団体・企業・個人等からの協賛金を受け付けする。尚、当研究会の運営費については、会員の会費及び特別協賛金を充当するものとする。
第4項
事務局が、毎年度事業計画及び予算案を理事会へ提案する。
第5項
当研究会の監事は、1名以上2名以内とし、理事長が指名し、理事会がそれを承認するものとする。
第6項
監事は、理事及び事務局の職務の執行を監査し、監査報告を作成し、社員総会にて報告する。尚、監事は、いつでも、理事及び使用人に対して事業の報告を求め、当会の業務及び財産の状況の調査をすることができる。


当研究会の活動計画と予算及び理事会と会員総会の役割
第7条 当研究会の活動計画及び予算については、会員及び事務局が起案するものとする。
第2項
当研究会の活動計画及び予算は、理事会へ諮り、出席者の過半数以上の賛同により決定する。
第3項
当研究会の予算及び活動計画は、第6条第2項をもって、次に会員総会に諮り、出席者の過半数以上の承認をもって決定する。
第4項
会員総会は、年間に一回開催し、活動計画と予算及び活動報告と活動決算報告を実施するものとする。尚、会員からの提案については、理事会の承認により、その都度開催することが出来るものとする。
第5項
会計年度は、4月から翌年度3月迄とする。尚、当研究会設立の29年度は、平成29年10月から30年3月とする。


解散
第8条 当研究会の解散は、理事会出席者の過半数の賛成をもって成立する。尚、設立後3ヶ年間で、その後の継続を再検討するものとする。


その他
第9条 その他、以上の条項に当てはまらない案件については、会員及び理事が誠意をもって解決するものとする。




入会までの流れ

当研究会では、倉敷市・岡山市を中心に、全世界から当研究会の活動に賛同する個人や団体及び法人の会員を幅広く、受け付けています。
ご関心のある方は、事務局までお問い合わせください。


お問い合わせ

メールアドレス kurashiki.asicsg@gmail.com
電話番号 080-4629-6624(坂ノ上携帯電話)

お申込み

WORDデータについてはコチラをダウンロードください [PDF] 17KB
PDFデータについてはコチラをダウンロードください [PDF] 501KB

PAGETOP